人の流れを検知!「混雑予測」を高性能化(AI×都市)【論文】

   

公共の場における混雑検知・緩和システムを構築

人口密度が増加し、都市化が進むにつれ、巨大都市での混雑問題が深刻になってくる。中国の上海では、混雑を未然に防ぐために、 政府がIT技術を利用した事前混雑予測とその通知システムの開発に乗り出すなど、混雑問題は世界中で注目が集まっている分野でもある。

中国にあるShanghai Jiao Tong UniversityのKaishengら研究者は、こうした状況に着目し、大手中国携帯会社からスマートフォン・ベースステーション(BS)を通して収集・提供された現実データの分析をすることで、ビジネス特区である上海において人の流れの検知システムの構築を試みた。結果、公共の場における混雑を従来よりも高精度で予測検知するシステムの開発に成功した。

機械学習を用いて混雑状況を検知

Kaishengらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x