AIで人口問題救え。高精度「人口マッピング」開発(AI×都市)【論文】

人口問題を解消する人口マッピングの必要性

人口密度の著しい増加に伴い、都市化の加速が進んでいる。その中でも大きな問題となるのが、混雑などの人口過剰により引き起こされる社会問題だ。局所的に人口があまりにも過剰になると、生産性の社会システムに重大な支障をきたす。

こうした背景から、動的な人口マッピング作成の重要性が増大している。人工マッピングの作成は、災害時の影響の評価や疫病のモデリングなどへの応用も期待できる。

中国にあるUniversity of Chinese Academy of SciencesのGuangyuanら研究者は、この状況に着目し、カーネル密度推定とConvLSTMモデルを利用し、動的な携帯電話利用者の分布を推測しようと試みた。結果、autoregressive moving average model(ARMA)やLSTMなどを用いた従来の方法よりも、高精度の推測に成功した。

KDEとConvLSTMを用いた人口マッピング

Guangyuanらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP