ロボットに触覚を搭載!人の五感はどこまで再現できる?(AI×ロボット)【論文】

   

ロボットにも「触覚」が必要

ロボットが人間と協同するのは、実験室ではなく現実の場面だ。たとえば手術室では、人体への害を避けながら病気の組織を切除する手術ロボットが医師を支援してくれるかもしれない。様々な環境でロボットが臨機応変に活躍するためには、周囲環境を検知するためのインテリジェントな触覚センサーが必要だ。

ロボットがタスクを実行する上では、意図しない衝突を認識したり、体や人間と意図的に物理的に接触したりする必要があるため、触覚センシングは特に重要となる。 ロボットによる触覚機能を実現するうえで、人間の触覚センシングは大いに参考にできるものである。

中国にある厦門大学のYu Xieら研究者は、ロボットの材料認識という課題に着目し、人間を模倣した触覚データと機械学習の利用を試みた。結果、最高で37ミリ秒で90%という高速高精度の認識を実現できることが分かった。

触覚データを用いた高速高精度の材料認識

Yu Xieらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP