DCGANで「老後の顔」を忠実にシミュレーション(AI×エンタメ)【論文】

自分の顔は、将来どんな風に老いるか?

コンピュータを使って顔の老化や若返りをシミュレーションする試みは、長らくコンピュタービジョン領域のホットなトピックであった。このテクノロジーは、税関セキュリティや公共の場、ビジネスにおけるエンターテイメントのような幅広いフィールドに利用することができるためである。

しかし、年齢の増加とともに人の顔は大きく変化する。この大きな変化の中にユニークな特徴量を抽出できるかどうかが、最適なシミュレーションを実現する鍵となる。

中国にあるWuhan University of TechnologyのXinhuaら研究者は、DCGAN法に基づき最適化された顔の老化シミュレーション法の開発を試みた。結果、老化の顔と細かなキメ、視覚的なリアリティさを合成することで、そのほか類似研究の成果を上回るシミュレーション生成できることが明らかになった。

DCGAN法による老後の顔シミュレーション

Xinhuaらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP