アルツハイマー病患者との「会話をサポート」自動対話システムを開発(AI×医療) 【論文】

アルツハイマー病の患者と円滑に話したい

アルツハイマー病(AD)は進行性の神経変性病であり、認知、社会的、活動機能を損傷させる。重度になるとヘルパーによる介護が不可欠になる。実際、北アメリカでは、AD患者関連の市場が約10兆円規模にまで膨れてきた。こうした状況の中、ヘルパーや患者関係者が破綻をきたすことなく会話を続けるシステムの開発が望まれていた。

こうした状況に着目した米国トロント大学のHamidrezaら研究者は、中期AD患者の多くが会話に破綻をきたすことを考慮し、そのような破綻を検知できる自動対話システムの開発を試みた。結果、82%の正確さをもって対話のなかで生まれるAD患者の混乱の特定に成功した。

AD患者の会話の破綻を検知し回避する自動対話システム

Hamidrezaらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP