選手の「動き」ディープラーニングで自動追跡(AI×スポーツ)【論文】

スポーツ選手追跡技術の精度は低い

現在、スポーツ選手の追跡がコーチ陣にも観客にもホットな話題である。この追跡を自動化するために、一般的にはコンピュータビジョン技術が使われている。しかし、追跡精度の低さと自動化できていないという課題があり、ディープラーニング技術を用いた改善に期待が集まっている。

スペインにあるダコルーニャ大学のRoberto Lopez Castroら研究者は、スポーツ選手の追跡技術における精度の低さと自動化できていないという課題に着目し、ディープラーニング技術を用いた追跡を試みた。結果、人間の介入が不必要な追跡が可能となり 、追跡精度も向上した。

ディープラーニングを使った高速で高精度な追跡

Robertoらの研究のポイントは以下の通りだ。

✔️ミッション
スポーツ選手の追跡には、人の介入が必要で追跡精度も低い。

✔️解決手法
物体追跡アルゴリズムとディープラーニングを組み合わせようと試みた。

✔️結果
人間の介入が不必要な追跡が可能となり、追跡精度も向上した。

研究の詳細を以下で述べる。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP