卓球ボール「リアルタイムで追跡」システムを開発(AI×スポーツ)【論文】

既存のボール追跡システムは精度が低い

昨今、様々なスポーツとITを掛け合わせたという話題をよく耳にする。卓球においても、ボールを追跡するシステムがすでに存在している。しかし、既存の追跡システム(ヒューリスティックアルゴリズム)では、誤ったボールの検出が多い。特に、検出はできていても外れ値が多いという問題がある。

ドイツにあるマックス・プランク研究所のSebastian Gomez-Gonzalezら研究者は、ヒューリスティックアルゴリズムを使用した卓球ボールの追跡システムにおけるボールの誤検出の増加という問題に着目し、リアルタイム性を提供しながら信頼性も保てる物体検出および追跡のためのビジョンシステムの開発を試みた。結果、より高い精度を提供し、既存システムよりも優れていることを示した。

信頼性の高いリアルタイムボールトラッキング

Sebastianらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP