ブタの姿勢で「肉の品質」が判明?深層学習とマシンビジョンによる姿勢認識(AI×農業)【論文】

食肉市場で、生産性と品質のブレイクスルーを起こせ!

家畜の健康と幸福度は、食肉の品質に直結する。もし仮に、家畜の動きや様子から目には見えない品質を推測できたとすれば、それは生産性の遥かな上昇に繋がるであろう。しかし、一般的には、目に見える家畜の何らかのサインを観察し、分類しようとすること自体が、これまで人間の手に余る大仕事であった。

今回、この問題を解決するのがAI搭載のイメージングシステムである。食肉市場において、生産性と品質の爆発的な上昇につながると考えられるこの技術は、いま様々な分野の研究者の注目の的となっている。

ドイツのUniversity of KasselのAbozarら研究者は、三種類のディープラーニング手法を用いた二次元イメージングシステムを製作し、商業用牧場という環境下で、豚の立った時と寝た時の姿勢を検知することが可能かを調査した。本検知器で実験をおこなった結果、90%以上の正確さをもって豚の姿勢検知をすることができることが明らかになった。

ディープラーニングによる家畜の姿勢検知

Abozarらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP