電気自動車のワイヤレス充電の実現に必要な技術とは?(AI×自動車)【論文】

ワイヤレス充電技術は発展途上

世界的に温室効果ガスの排出量削減が求められる昨今、電気自動車(EV)の普及の必要性が出てきている。しかし、EVを普及させる上では、以下の特徴によって充電の面で問題があった。

・EVの航続距離が比較的短い
・EVの性能は天候や立地条件に大きく左右される

そこで近年、無線電力伝送(WPT)を用いて、地中に設置された送電装置から連続的に電気を送り、走行中のEVに充電するという画期的な方法が、電気自動車を充電するための実用的な方法(ワイヤレス充電)として注目を集めている。WPTの発展のためには、WPT関連技術の未開領域(新規技術領域)を発展させることが重要である。

韓国の高麗大学のKi Hong Kimら研究者は、WPT技術に関する有意義な洞察を得るために、WPTにおける新規技術領域を予測する課題に着目し、特許分析を試みた。その結果、3つの新規技術領域がWPTに存在することを明らかにした。

WPTのイノベーションの種を探す

Ki Hong Kimらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP