AI時代の医師と患者をつなぐ信頼関係、3つのポイントとは

AIがヘルスケアに及ぼす影響力についての議論の中で忘れられがちなのは、患者と医師の関係がもたらす効果の不確かさである。如何にすれば医師と患者の信頼関係が維持・改善されるだろうか。能力・動機づけ・透明性の3つの側面にそのヒントがある。

2017年ベストセラー“デジタルドクター”の著者、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のロバート・ウォッチャー医師らの資料によると、AIアプリケーションは医師(治療法を決める際の思決定支援と品質管理)、患者(自己診断と体調管理)またアプリケーションを開発するデータ管理専門家の3つに大まかに分かれる。

個々のアプリケーションは医師と患者をつなぐ信頼関係3つの要素を生かすもこともあればダメにすることもありうる。

1.能力

能力とは医師にとっての臨床習熟度とコミュニケーション力、患者にとっての自分の健康状態の理解力のことである。

AIはもっぱら医師の能力拡張のため活用されるであろうから、医師と患者をつなぐ信頼関係を強化する可能性がある。その一方で不正確で偏りのある悪しき慣行を反映したAI、また納得性に欠け医師の判断と患者の自由意志との葛藤を生むAIは、この信頼関係を危うくすることにもなりうる。

2.動機づけ

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

PAGE TOP