生物学と化学をつなぐ!異なるフォーマットのデータ分析が可能なツールを開発(AI×研究開発)【論文】

   
法人向けパーソナル技術調査サービス始めました↓

別々の研究分野のデータを統合して分析したい

バイオテクノロジーおよびインフォマティクステクノロジーの発展により、化学および生物学の公開データは爆発的に増加している。機械学習やデータマイニングを用いて、これらのデータから有益な情報を引き出すことで、化学や生物学の研究が前進することが期待されている。AIは、分野の垣根を越えて価値を生み出す技術なのである。

中国にある中南大学のJie Dongら研究者は、化学および生物学の分野で蓄積されたデータを組み合わせ、有益性の高いデータを得るという課題に着目し、異なるフォーマットで表現された分子データ分析に対応したツールの開発を試みた。結果、データ取得、データチェック、記述子計算からモデリングまでの統合分析パイプラインの構築を可能とするPythonライブラリの開発に成功した。

化学・生物学のデータを体系的に取り扱い可能な分析ツールの開発

Jie Dongらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

法人向けパーソナル技術調査サービス始めました↓

パーソナル調査サービス始めました。

貴社のDXブランドをサポート

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP