違法取引ツイートを自動BAN!?機械学習で絶滅危惧種を守る(AI×環境)【論文】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでの違法取引を防ぎたい

TwitterなどのSNSは、オフラインの世界では決して縁がなかったであろう人とつながることができるメリットがある一方で、やましい取引の場にもなりうる。たとえば、18歳未満との援助交際や、禁止薬物の個人売買、野生動物の違法売買などの温床となっている。

アメリカにあるカリフォルニア大学のQ. Xuら研究者は、SNSが野生動物の違法な取引の場を提供しているという課題に着目し、機械学習で野生動物の売買に関連すると疑われるツイートを検出することを試みた。結果、既存の訓練データセットを使用せずに違法コンテンツを検出できる可能性があることが示された。

野生動物の違法売買ツイートを特定する

Q. Xuらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

    記事をご覧いただきありがとうございます。

    ・サイトや記事へのフィードバック
    ・文献調査のご依頼
    ・広告配信のご依頼
    ・AI人材の雇用相談
    ・AI開発のご相談

    など、何かありましたら、ご連絡ください。

    業界/カテゴリー

    PAGE TOP