地球物理学の発展へ。機械学習による「地震波速度」の予測(AI×環境)【論文】

地震の「P波」の速度を正しく知りたい

地震が発生した時、最初にガタガタと小さな揺れが来たと思えば、次第に大きな横揺れに変わる。この揺れ方の違いは、「P波」と「S波」という2種類の地震波によるものだ。

日本人にとって地震は厄介者であるものの、海洋地質学の分野では、地震波のデータがよくつかわれる。特に、地震波の速度は多くの研究場面で必要とされる。しかし、地震波を正しく測定するのは困難であるのが現状だ。

ドイツのGEOMAR Helmholtz CentreInesのDumkeら研究者は、地震波速度の知識を必要とする研究分野において、単純な経験則的関係から地震波速度を取得しているという実情に着目し、ランダムフォレスト法を利用した予測モデル開発に着手した。結果、経験則よりも現実に近い値を弾きだすことに成功した。

地震P波速度vp(z)の予測精度を上げる

Dumkeらの研究のポイントは以下の通りだ。

ミッション・手法・結果

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP