AIが「匂い」からワインの品質を評価!(AI×食品)【論文】

   

ワインの品質保証はコストがかかる

ワインは世界で最も人気のある飲み物の1つであり、 2017年には、世界で約243億リットルのワインが消費されたと報告されている。ワインの販売価格は生産地域、品種、年代、発酵プロセスなどに応じて大きく変動する。そのため、品質を保証し、不正表示を防止することは重要なプロセスであり、ワインの識別や分類手法が注目を集めている。

中国にある北京科技大学のHuixiang Liuら研究者は、ワインの品質評価におけるコスト削減という課題に着目し、複数の機械学習モデルを使用した、携帯型匂い測定器(E-nose)のプロトタイプ開発を試みた。結果、高い精度でワインの特性識別・分類に成功した。

機械学習を用いた携帯型匂い測定器でワインの特性を容易に識別

Huixiang Liuの研究のポイントは以下の通りだ。

ミッション・手法・結果

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界/カテゴリー

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x