ネットいじめの裏に潜む発生要因を特定(AI×教育)【論文】

   

ネットいじめは深い心の傷を残す

インターネットの発展とともに、いじめはより間接的で陰湿なものに変化している。自分だけが省かれたLINEグループで悪口を言われる、見知らぬ連絡先から誹謗中傷メールが毎日届く…感受性の豊かな中高生にとって、こうしたネットいじめはその後の人生に大きな傷を残す。中には、ネットいじめが自殺を招くケースさえもある。

どうにかして、ネットいじめの発生を事前に防止できないだろうか。

アメリカにあるArizona State UniversityのLu Chengら研究者はネットいじめの問題は、思春期や青春期の子供達にとって脅威であることから、それを未然に防ぐことが大切だと考えた。彼らはネットいじめの発生特定を行い、同時に因果関係の解釈と、いじめ発生に関わると思わしき他の要因(p-交絡因子)の影響を特定/ブロックするフレームワークの開発を試みた。結果、ネットいじめの発生因特定に効力を発揮するアルゴリズムの開発に成功した。

ネットいじめの裏に潜む発生要因の特定

Lu Chengらの研究のポイントは以下の通りだ。

ミッション・手法・結果

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP