人工知能を利用して薬を作る!神経外傷に対する神経保護薬へのネットワーク中心アプローチ【AI論文】

(Featured AI and healthcare) Make medicine by using artificial intelligence! Network-centric approach to neuroprotective drugs for neurotrauma (Publication)

[論文] D. Romeo-Guitart, J. Forés, M. Herrando-Grabulosa, R. Valls, T. Leiva-Rodríguez, E. Galea, F. González-Pérez, X. Navarro, V. Petegnief, A. Bosch, M. Coma, J. M. Mas and C. Casas , “Neuroprotective Drug for Nerve Trauma Revealed Using Artificial Intelligence”. Scientific Reports, 8, 1879 (2018).

[DOI: 10.1038/s41598-018-19767-3]

3つの要点

✔️AIとシステム生物学を利用して、神経外傷用の神経保護薬に使う物質の種類を調べた。

✔️最良の組み合わせの物質(NeuroHealと呼ぶ)は、既存の薬物とは異なり、かつ抗炎症や運動機能回復などの効果を発揮することがわかった。

✔️研究の結果は、NeuroHealの有効性を示すとともに、創薬に対してネットワーク中心のアプローチが十分な価値をもつということを実証するものでもあった。

概説

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

PAGE TOP