人間が楽しめる「落語」音声を合成(AI×エンタメ)【論文】

合成音声はまだまだ機械的

「Siri」などの音声アシスタントや、「初音ミク」のようなボーカロイドなど、私たちの生活では人工的な合成音声を耳にする機械が増えてきた。しかし、合成音声の多くは、イントネーションがネイティブには及ばず、言葉に感情も乗っかっていないため、どこか機械らしさが残っている。人間がAIと楽しく会話できる日は来るのだろうか。

総合研究大学院大学の加藤ら研究者は、「音声合成モデル」の研究が進む中で、機械はまだ人間のように人を言葉で楽しませることはできていないという課題に着目し、落語音声の合成モデルの構築に取り組んだ。

結果、性能はプロのレベルには達していないものの、被験者を楽しませるという点においてはプロのレベルと大差ない結果を出したモデルもあった。

人間を楽しませる機械落語

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP