「5歳未満で命を落とす」のはなぜ?機械学習で要因を予測(AI×社会)【論文】

5歳未満でこの世を去る子供たちのために

毎日、世界中でたくさんの子供が命を落としていることに思いを馳せる事はあるだろうか。国連が発表した数字によれば、2017年には540万人の5歳未満児が死亡したという。そのほとんどが、治療または予防可能な原因によるものである。

このような社会的問題に対しては、国が何らかの対策を打つことが求められる。 医薬品、安全な水、電力、およびワクチンなどの簡単な解決方法で助けられる命は数多くあるのだ。

ユニセフを初めとする多くの団体が、低所得国のこのような問題を支援している。しかし、予算には限りがある。さまざまに考えられる対策のどこに労力とお金をかけるのがいいのだろうか。

オーストラリアにあるグリフィス大学のAdegbosinら研究者は、LMIC(下位中所得国)における5歳未満児死亡率(U5M)の高さに着目し、5歳未満児の生存/死亡を左右する主たる因子を、機械学習を用いて分析した。 その結果、5歳未満児死亡の予測に重要な特徴量は、授乳期間、世帯家計指数、母親の教育レベルの3つであることが分かった。

死亡要因の絞り込みと機械学習アルゴリズムの研究

Adegbosinらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP