成績と「ふるまい」の関係性!オンライン学習が続かないワケ【AI論文】

インターネットを勉強に活用する、それは日常で当たり前に見られる光景になった。いつしかネット上には優れたオンライン学習コースも開設され、人類の知の発展はさらに加速するフェーズを迎えた。

しかし、オンライン学習にはまだ課題が残っている。
学校や会社での学習カリキュラムと違い、学習者のモチベーションの動向や今後の成績を予測しにくいのだ。

中国にある上海大学のNing Yanら研究者は、学生のオンライン学習行動とコース成績間の相関関係を解析するという課題に対し、機械学習を用いた効果的な予測モデルの構築を試みた。結果、アクセス日数がコースの成績と最も高い相関関係を持つことなどを示した。

成績の良い学習者の特徴

Ning Yanらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP